スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一期一会

こんにちは

最近、何をお伝えしたらいいのか悩んでいます。
技であるとか建築の内容などは自分自身プロではありませんので
間違ってお伝えしてはいけないと思い ついブログの更新を怠ってしまいます。
これではいけないと思い、自分の感じたことを書くようにしました。

今日はステキなお客様に出会えましたよ。
12月に入りめっきりお客様も少なくなりましたが
昨日4時ころ入館されたお客様が朝一番に再入館してくださいました。
「お泊りは古川でしたか?」
「下呂に泊まりました。充分見れなかったからまた来たよ」
「えーっ、1時間もかけてまたきてくださったですか。有り難うございます」
ゆっくり見てくださり お帰りの際、お名刺をいただきました。
裏を見るといろんな事が書いてあります。
まず一級建築士が目に留まりました。
「プロの方でしたかあ。プロの方には反対にいろいろ教えていただくんですよ」
なんてお話しながら内心間違った説明しなかったよなと冷や汗ものでした。

さらによく見ると 特技・趣味まで載っていました。
お客様によると話題作りに良いそうで話が絶えないそうです。
なるほど  これはいいなあ

さらに花火鑑賞士と書いてありましたので
「大曲の花火ですか」とお尋ねすると
「知っていますか?」
「毎年、テレビで中継されるのビデオ撮りして見ていますよ
 今度は本物をみたいですね」
「宿がとれないからツアーで行くといいよ」
とアドバイスしてくださいました。

秋田の方でしたからさぞや時間をかけて古川まで来てくださったと
思うと一期一会って大事だと強く感じました。

お土産品もたくさん買っていただき
とてもハッピーな一日になりました。
お客様有り難うございました。m(__)m

私も今度名刺を作る時には裏に趣味を書くようにしようと思いました。






スポンサーサイト

コメント

うわー!びっくりです

チョット調べたいことがあって、匠文化館にアクセスしたところ、このブログに出会いました。
その名刺の人物が私(ハンドルネーム:なまはげ1号)です。
その節は、いろいろご説明、お教えいただきありがとうございました。
やはり、最後は人とひととのつながりだと、改めて思った次第です。
ただ単に、来たお客さんにパンフレットを渡しそれで終わりか、せいぜい「何かあったら声をかけてください」、くらいの、資料館が多い中、「匠文化館」、そして傍にある「祭り会館」、その後行った和蝋燭の「三嶋」さん、どれもみんな説明が行き届いて、しかも押しつけがましくなく非常に気持ちよく説明を聞くことが出来、本当に参考になりました。
たちまち古川ファンになってしまいました。
秋田に帰ってきてからも、建築仲間に対しても、高山に行くなら絶対に古川を見るべきだと、PRしています。
遠い秋田からでエールを送っていますので、これからもおもてなしの心を大切に観光産業にいそしんでください。。

画像ありがとうございました

牛丸様
継ぎ手の画像ありがとうございました。
お礼の電話をしたところ今日はお休みと言うことでしたので、メールでは失礼かと思いますが、お礼のメールです。

秋田はご存じ秋田杉で有名ですが、木材振興という点ではなかなか思うようにいっていないことも事実です。

実はあの継ぎ手を使って修繕工事を行うことを考えています。
桂離宮を引き合いに出すまでもなく、柱の根本の腐れ補修に使用したいと思っていますが、最近の大工さんはああいう継ぎ手に関してはあまりノウハウを持っていなく困っております。

そこで画像を見せて少しレクチャーしようと思っています。
その時に使用させていただきますので、なにとぞご了承していただき他意と思ってメールを差し上げた次第です。

今回は丸太の端の足下をこの継ぎ手のいずれかを使用して修復するつもりです。今のところの第一候補は「四方鎌継ぎ+くさび(込み栓)」で考えております。

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。