スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

質問第2弾

こんにちは

前回に引き続き小学生の質問を紹介し
それに答えていきたいと思います。

Q.大工道具はいくつくらいあるの?

A.匠文化館にもいろんな大工道具がありますが、
 大工さんの中でも色々でしょうが金子棟梁は
 「150種類くらいはあるかなあ」と言って見えました。

   s-匠借り入れ品ファイル2 015 s-匠借り入れ品ファイル2 026

         s-匠借り入れ品ファイル2 022
         まだまだかんなの種類はありますよ。

Q.墨壺(すみつぼ)の技術はどんなの?

A.これも金子棟梁に教えていただきましたが
 すみつぼは昔、朝鮮から伝わってきたそうで、
 飛騨で使われるものは形が他とは違っていたようです
 (一文字と言われたものを使ったとか )

 すみつぼは大工自身が作るので、すみつぼを見てその人の技量を測ったそうです。

Q.飛騨の匠といつころから言われるようになったの?

A.難しいですねぇ
 万葉集に「かにかくに 物は思はじ 飛騨人の
       打つ墨縄のただ一道に」と詠われています。
 この時、飛騨の匠と認められていたとすれば
 1200年以上前からと言うことになりますが・・・
 棟梁は「600年くらい前かなあ」とも言ってみえました。
 なかなか解りにくいものですね。

Q.昔と今の匠の違いは?

A.昔は全て手作業であった。
 今は器械を操るのも技量の一つになっている

Q.千鳥の種類はどんなのがあるか?

A.昔から伝わっている物と 新しく考案された物があります。
 今は用途に合わせて色々な使い方がされています。

匠紹介 016
これが昔からの千鳥です

CIMG0408.jpg
これは平成6年ころに考案された面腰千鳥です

いろいろありましたが、子どもさんからの質問に答えてみました。

皆さんもわからないこと質問してみてください。
調べてできるだけ答えるように努力していきます。


 
 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。