スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

台持継

こんにちは

全国的にすごい雪ですね
飛騨古川は例年とあまり変わりませんが、
寒い日が多いように思われます。
ここ2日ほどは日中お日様もみえ、ホッとしています。

インフルエンザも流行してきたし、体調に気をつけましょうね。
先日テレビでうがいよりも手洗いが第一と言っていましたよ。
15秒間手洗いをするといいそうです。

今日は匠文化館にある台持継を紹介します
CIMG0483.jpg

CIMG0484.jpg

お解りいただけますか?
太い梁と梁が重なり合っているところ
ご来館された方も上の方にあるため気づかないで見過ごすこともあります。

昔は太い木を使いましたから、さぞ重労働だったことでしょう。

台持継の形によく似たもので追掛継ぎというものもありますが
ジグザグしたところが横にあるか上下にあるかでおわかりいただけると思います。
基本的には使用するところに違いがありますがね。
追掛継ぎは主に桁、胴差しの継手として使われています。

CIMG0485.jpg

一度見に来てください。迫力ありますよ。






スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。