スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲って知っとるかな?


家の軒先を支える腕木の下に小腕と呼ばれる
木口に独特の彫刻があります。
これを雲と言います。

この雲が飛騨古川の最大の特徴で、
大工さんの心意気を最も具体的に表現する手段と言われています。
雲は古川大工が誇りと愛情を持って家を建てたプライドの印なんですね。

s-ブログ用2 007         s-ブログ用2 004

匠文化館は30人の棟梁によって建てられ
古川大工の結集の建物であるので
仲良く1本づつ違う雲が入っているんですよ。

s-雲

本物をぜひ見に来てくださいね 

スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。