スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飛騨の左官者

こんにちは。

他所の地では梅や桜が咲いたよって言っているのに・・・
飛騨はまだまだ冬ですよ。
今年は例年より雪は少なかったように思えるのですが
気温が大変低かったせいで雪どけが遅いような気がします。

  はーるよ来い♪はーやく来い♪ といったところです。

今日は匠に展示してある左官の技術を紹介しますね。

CIMG1239.jpg

CIMG1242.jpg
この2点の作品は竹林正治さん作で左官鏝(こて)で作られた物です。
ホント見事ですよね。

CIMG1245.jpg

飛騨には白壁土蔵をあちらこちらで見ることが出来ます。
この土蔵の中は温度変化があまり無く今でも重宝がられて使われています。
古川の町の中では白壁でない黒壁の土蔵もみることができるんですよ。
そんな技法を紹介したのがこれ
白壁と比べて何倍もの手間暇がかかっています。
ですから、一目で外から見てこの家は財力があるんだとわかるんですねぇ。
どこにそんな土蔵があるか知りたい方は
匠までぜひお出でくださいね。

CIMG1247.jpg
この作品は白壁を塗ったところで鏝(こて)をつかって彫刻のように
切り取って出来た作品です。
ミスができない・・緊張したでしょうね。

こんな素晴らしい作品をぜひ見にきてください。
お待ちしています。
 
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。