スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新潟の匠

こんにちは

今日は最近、新潟からみえた匠のお客様のお話をしますね。

やりがんなを今でも使っているよと語ってくださったお客様。
お話の中で 山形県長井市では大工のことを大工様と呼ぶと教えてくださいました。

それで早速、長井市をネットで検索してみたのですが、
建築関係の言葉は出てきませんでした。
しかし、歴史的経緯の中で最上川舟運の港町と書かれていました。
きっと舟大工が活躍していたのでしょうね。

そして 薬師寺などの寺院の梁や柱などやりがんなで仕上げてあるところも
多いとか・・・
200年先を見通してバランスがとってあるということも教えてくださいました。
私は長い間チョウナで仕上げと思っていたので改めなければと反省の思いでした。

やりがんなを自由に操れるということは
柱のどこかで他の所よりえぐれている所があれば単に細い木ということではなく
そこに何か支障のものがあって削りとったということだよ・・・
表現が下手だからすごいなということをうまく伝えられないんだけど
例えば硬い木に虫食いがあったらそこを分からないようにうまく切り取って使う
と言うような事
とにかく私の中ではすごく感動でした。

CIMG1221.jpg

CIMG1222.jpg

これは匠文化館に展示してあるやりがんなです。
やりがんなを作るにも匠の手が加わり
この道具を扱うのも匠でなければできない
そんなことを考えると人間の力ってすごーーいと思いました。
凡人は思うだけなんですがね。
スポンサーサイト

三寺準備

こんにちは

今日は古川は三寺参りで朝から準備をしていましたよ
CIMG1212.jpg   CIMG1217.jpg
匠の前の広場では雪ローソクがたくさん作られ火が灯されるのを
今かと待っていました。

CIMG1216.jpg   CIMG1218.jpg  
匠文化館の靴棚にはずらり着物を
着られる方のおぞうりが並んで
いましたよ。


CIMG1219.jpg
4時からはまつり広場で点灯式が行われます。

さあみなさん、三寺参りにお出かけ下さい。
楽しいイベントが待っていますよ。

今年もよろしくお願い致します。

あけましておめでとうございます。m(__)m

今日から匠も動きはじめましたよ。
1日から営業すればいいのかなあと思いながらも3日まで
しっかりお休みをいただきました。

あちらこちらに年末年始の休み情報が散ばっているので
訂正するのも一苦労なんですが。ネッ

昨年ネットで休業情報を調べて確認してきたのに
やってなかったよーってお叱りをうけたことがありました。
実は4年ほど前から定休日を火曜日から木曜日に変更したのです。
関係のあるところは定休日を訂正していただくようにお願いしてあったのですが・・・
全てを把握するのは大変難しく・・・
変更情報を確認し切れなくて困っています。
そこでネットで検索したところ出てくる出てくる あーって感じでした。

今年は皆様にご迷惑がかからないように
変更情報を一つ一つ確認しながら対応していきたいと
思っています。

今年もどうぞよろしくお願い致します。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。