スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

斗組、升組

こんにちは

皆さんいかがお過ごしですか?

災害にあわれた方々はさぞかし我慢の日々なのでしょうねぇ

古川でも祭りが中止になりましたが・・・
少し寂しい気もします。

今日は升組、斗組についてお話しましょう。
升組も斗組も同じものですがお寺とか神社とかによく
組んである方法です。

ポイント2 009本光寺

実は匠文化館にもあるんですよ

CIMG0556.jpg
ほらこの通り

これはモニュメントの土台になっている部分なんですが、
実際はこんな風には使いません。

そして、この斗組にはこんなお話があるんですよ


当時、納税のひとつとして腕の良い職人「飛騨の匠」が
労働力として西の都へえっこらさと。
その匠、作業中にしでかしてしまった。
柱となる木材の寸法を間違えて短く切ってしまった。
こりゃ大変なことなった、首をはねられるか?
とそこへ賢い匠の娘が、2本の柱を交差させれば良いと
機転をきかす。
お上からは、「さすが飛騨の匠じゃ!」とお褒めのお言葉。
こうなってしまうと、本当の事を発覚するのを恐れた匠は
娘を殺してしまう。
あ゛~、なんたること…
不憫に思った人々が娘の埋められた場所にイチョウの木を
植えました。
それが、今の国分寺のイチョウだと言い伝えられている


これは高山の国分寺の大イチョウの民話だそうです。

私はこのお話を年配の元大工の棟梁をしてみえたお客様から
教えていただきました。

すごい話でビックリしましたね。
それでは、お元気で   
スポンサーサイト

地震

東北太平洋地震ではすごい結果になってしまいましたね。

どんな言葉を持ってきても慰めにもならないのはわかっていますが、

被災された皆様には少しづつでも元気になっていってほしいと

願わずにはいられません。

私たちが住んでいる古川は山国で海がありませんから

津波の恐ろしさは実感できませんが、映像から映し出されている現状は

ただただ地獄を見ているようで背筋が凍りついてしまいました。

匠の良さを紹介したかったのですが

そんな気分にもなれず ひとりごとを書いてしまいました。

みんなが元気になるためには

被災していない人達は ひとごとで終わらせないように

しっかり思いを胸に刻んで、元気でいましょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。