スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

子ども達の?

こんにちは
27日に古川小学校6年生の児童の皆さんが匠文化館を訪問してくれました。
それぞれに質問を準備してきてくれました。
質疑応答の後は自由行動でしたが・・・
自由行動の時も質問責め
みんなスごーい
CIMG0127.jpg

CIMG0126.jpg

CIMG0124.jpg

どんな質問だったか・・
覚えているものを幾つか上げてみましょう。

 Q:古川には雲はいくつくらいあるの?
 Q:雲は一つの家でつける数はきまっているのか?
 Q:いつ頃から雲をつけるようになったの?
 Q:一つの家には何本の木が使われているのか?
 Q:匠は何の木で出来ているのか?
 Q:この建物はいくら位かかったの?
 Q:匠文化館は地震にはどのくらい耐えれるの?
 Q:組む方法で建てた家の良い点と悪い点は?
 Q:千鳥格子の他にも組んだものはあるの?
 Q:どうして大工道具の字は金偏なの?
 Q:いつ頃から飛騨の匠は家をつくっていたの?
 Q:大きな鋸は何に使うの?どうやって使うの?
 Q:古川の建物の特徴は何?

などなど・・・
沢山の質問がありました。
私もこの質問を受けてお客様への説明の参考にさせていただきました。

これから少しづつ皆さんにもお答えしていきたいと思います。
次回をお楽しみに
スポンサーサイト

万葉集

こんにちは
昨日(20日)日めくり万葉集という番組を見ました。
その番組に、この匠文化館には無くてはならない人、いつも
お世話になっている金子公彦さんが出演されました。

 かにかくに 物は思はじ 飛騨人の
  打つ墨縄のただ一道に


この句が紹介されました。
金子さんは若かりし頃よりこの句を自分のものとされ
大工の道を一筋に進んでこられたそうです。

いつも、匠のことを丁寧に厚く語ってくださる金子さんですが、
この番組の中でも、いつもと同じように語ってみえました。
とてもカッコ良かったですよ。

CIMG0123.jpg
この家の模型は金子さんからお借りしているもので、
ご本人さんの家の模型です。
飛騨の地形(雪対策用)にあった工夫がされています。
金子さん同様魅力がいっぱいの家です。
いつも有難う    K.U


瀬戸川の鯉

こんにちは。
2~3日ひどい雨が続きましたね。
あちらこちらで被害も出ているようですが・・・
この飛騨古川はお陰様で被害も無く、平穏無事に生活が出来ています。

瀬戸川の水は大変濁っていますが、
鯉は相変わらず食欲大盛で、餌を与えると
一斉によってきます。
CIMG0116.jpg
CIMG0119.jpg

1日に1回はパンの耳そしてもう1回は栄養バランスの良い
固形の餌を与えます。

瀬戸川の鯉は昭和43年頃から放されていますが、
12月から3月までは大きな池で越冬します。
雪の深いこの地方では冬になると瀬戸川へ雪を流しますから
鯉はお引越しという訳です。

約1000匹居るんですよ。
大きなお腹はまるでお父さんみたい・・・
ゴメン、私でした

改修後 005

匠文化館の2階からはこんなステキな瀬戸川をゆっくりのんびり
眺めることが出来ます 

どうぞ、会いに来てください   K,U

朝市

お客様に朝市のことをよく聞かれますので
みなさんにも営業時間等お知らせしますね。

営業時間 午前7時から午後3時まで
定休日  毎週火曜日
CIMG0103.jpg
なんでも安くて新鮮なのがいいですね。
前にはお花が並んでいますが、お値段100円からありますよ。
午後になりますと、もうお花は売り切れてないのが普通です。

CIMG0104.jpg  CIMG0105.jpg

旬のお野菜は地元の有志の方々によって丹念に作られたものです。
中には山菜のふきやわらびも並んでいますよ。
一つ100円の物が多く、つい買いこんでしまいますが
主婦にとっては強い見方です。
私も毎日の覗いていま―す。    K.U

花菖蒲

今日で花菖蒲の展示会が終了しました。

朝、9時前にすっかりきれいに片付けていかれました。
CIMG0108.jpg

CIMG0109.jpg
ちょっぴり寂しくなりましたね
まだまだきれいに咲き誇っていたのに・・・
散り際はみせないってとこですかねぇ


楽しませていただき、会の皆様に感謝です。
有難うございました。
また来年まで保存、お手入れにがんばってください。
そしてまたきれいな花菖蒲みせてくださいね

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。