スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鏝 これって何?

少し前のことですが、
お客様から鰻(うなぎ)って言う字に良く似たあの字は
なんて読むのかな?・・と質問がありました。

私は えっ、何のことと一瞬思いましたが、
「ハイ、あれは、鏝(こて)と言うんですよ」
そんな会話がありました。

飛騨の匠文化館には
左官職人が描いた 鏝絵 があります。

s-匠借り入れ品ファイル 034

壁の漆喰壁が生乾き中に鏝(こて)で描いた絵です。
作者は椙原与吉氏です。

すごい技ですよね。

まだまだすごい技が匠文化館にはたくさんあります。
ぜひ見に来てください。



スポンサーサイト

ごあいさつ

こんにちは。

s-01古川_施設_飛騨の匠文化館【外観】03

こちらは飛騨の匠文化館です。
これから少しずつ匠の技などを紹介していきたいと思いますので気長にお付き合いいただけたら幸いです。

飛騨の匠ってなんなの??  と思っている方

匠とは優れた技を持つ人のことを指しますが、昔飛騨の人たちは税金を納める代わりに都へ出かけ、建物を造ることに従事したそうです。
飛騨の国は山林が多く木を扱うのに慣れていたのでしょう。
全ての人が優れた技を持っていたとは考えられませんが、中には勾猪麻呂(まがりのいろまろ)のような名工もいたようです。厳しい労働の中、私達の祖先はいろんな所で貢献しています。

そんな証の一つとして千鳥格子が残って今に伝わっているのではないでしょうか。千鳥格子って何?という方はぜひ飛騨の匠文化館にお越し下さい。千鳥格子の凄さはなかなか文字では説明できないので・・・。

このような先人が残していった素晴らしい技を残すために、また後世に伝えるために飛騨の匠文化館スタッフは毎日来ていただいたお客様に匠の素晴らしさをお伝えしています

テーマ : 美術館・博物館 展示めぐり。 - ジャンル : 学問・文化・芸術

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。